Illustratorでのイラストの描き方

イラストを描きたいと言っても、さまざまなソフトがありますよね。フリーソフトから高価なものまで。その中でも『Illustrator』を使ってみませんか?

もし、持っているのであれば、使わないと損な機能がたくさんあります。CGを描くというと、Photoshopをイメージするかもしれません。初心者にとっては、パスモードはなかなか難解で取っ付きづらい印象もあるでしょう。

また、それぞれのソフトで作ったものをそれぞれ拡大していくとわかりますが、Photoshopの場合は線がガタガタとなってしまう傾向があります。今回は後者のソフトを使ったイラストの描き方を紹介しますね。


● 初めに

イラストを描くためには、まずはラフスケッチがあった方がスムーズに作業を進められます。スキャナーなどで取り込んで、その線をなぞるパターンで解説しますので、まずは元の画像データを用意しましょう。


● 線画の準備

起動したら「ファイル」の「配置」を選択し、元画像を配置します。このとき、下書きのものを黒以外の色にしておくとわかりやすいかもしれません。

線画用の新しいレイヤーを作り、下書きのものはロックします。


● さっそく書き込もう!

ツールバーのペンツールを選択し、下絵をなぞっていきます。このとき、線のみが表示されるように設定しておきましょう。
また、きれいな丸や四角を描く際は、ペンツールではなく、円ツールなどのものを使用しても良いでしょう。このときも、線だけが表示される設定をしましょうね。
また、アートボードぴったりに作成せずに、キャンバスからはみ出して描くと良いでしょう。


● 線に強弱をつけよう!

オブジェクトの中のパスのアウトラインを選択すると、線画が塗りの状態になるはずです。
このとき、選択ツールやペンツールなどで、ポイントの移動、減らす、調節、太さの変更をしていきます。


● 楽しい楽しい塗りの時間です!

塗りのために線画レイヤーをコピーし、塗り専用のレイヤーを作りましょう。このとき下書きレイヤーは見えないようにすると作業しやすいです。
コピーした邦画の線画を全て選択してから、「パスファインダの合体」を選択。
これから塗りの始まりです!


● 塗りスタート!

コピーしたレイヤーの線画を覆うようにして、長方形を作り、最背面に置きます。
このまま全てのパスを選択し、パスファインダの中にある分割のアイコンをクリック。そのままオブジェクトの中のグループ解除をクリック。
いらないパスを消しながら、作った長方形パスを白にし、最背面へ置きます。

これで、それぞれのパーツに色をつけられます!


大まかな作り方はこんな感じになります!みなさんもIllustratorでも十分クオリティの高いイラストが書けるので、使ってみると良いですよ!

Illustratorの表現の幅が広がるIllustratorブラシセットまとめ
デザインをワンランク上げるイラストレーターのチュートリアル集
写真加工webツール
Photoshopでの写真加工の仕方
中古車を購入したい
車の免許のとりかたについて合宿型とホーム型があります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0